大学入試改革ガイド‐センター試験廃止と新テスト‐

政府の推進する新しい大学受験の在り方

*

MARCH【明治・青山学院大学】2021年入試変更点

   

みなさんこんにちは。

入試改革と声高に言われている昨今ですが、最上位私大に関しては「あまり変わらない可能性が高い」というのが実情でした。今回も前回に引き続いて各大学の入試改革に合わせた入試制度について確認していきます。ここからはMARCHについて確認していきます。

MARCHと一括りにはしてますが、各大学・学部、様々な方針を掲げていると言えるでしょう、では大学ごとに検証していきましょう。

 

明治:全学部で共通テストを用いるが4技能試験は用いない

青山:経済学部と文学部の一部を除くすべての学部で共通テストの受験を必須化。英語外部試験は基本的に加点対象

立教:共通テスト+英語外部試験の入試制度を新設するが、学部独自試験も残る。ただし詳細は不明

中央:学部独自試験を維持。共通テスト利用、英語外部試験利用の入試制度を新設。募集人数の詳細は不明

法政:共通テストを利用した入試制度を新設。英語外部試験はGIS(グローバル教養学部)と理工学部機械工学科航空操縦学専修において出願資格化するも、そのほかの学部では用いない。学部独自試験は詳細不明。

 

 

【明治大学】

詳細は不明であるものの、「共通テストを全学部で利用し、4技能については用いない」、のが明治大学の方針です。以下は公表されている2021年度入試に関する資料の抜粋です。

 

1「 大学入学共通テスト 」 利用入試 (仮称)について

全ての学部で実施します。

 

2「 大学入学共通テスト」 の英語における英語外部4技能試験 の活用について

2021年度入試については、 全ての学部で活用しません。

 

3主体性等の評価について

2021年度入試については、JAPAN e Portfolio は 利用しません。なお、Web出願時 に 高校時代の主たる活動等を入力 して いただきます 。 入力データは一般入試 においては得点化せず、入学後の指導上の参考資料として利用します。

 

(出典:入学試験の主な変更点について

 

共通テストを利用するものの、外部の英語試験によって4技能のスコアを持っている必要がありませんから、ほとんどの受験生にとって大きな影響が出ることはないでしょう。ただ、現行のセンター試験枠のように共通テスト利用入試の枠と学部独自試験の枠(いわゆる一般入試)を併存させるのか、共通テストで足切りをおこないさらに学部独自試験を課すのかといったことはまだわかりませんから、今後の明治大学の発表を注視していく必要がありそうです。

 

【青山学院大学】

青山学院大学は経済学部と文学部の一部を除きすべての学部で共通テストを利用する事を宣言しています。

合否はほぼすべての学部で共通テスト+学部独自試験+英語外部試験から判断される方式共通テスト+英語外部試験から判断される2つの方式が採用されます。また、独自試験においては、記述式を含む問題、小論文の出題を行うとしており、共通テストによって基礎的な知識で選抜をかけ、学部独自試験によって大学が求める人材をさらに絞る方針のようです。青山学院大学においては入試問題の構成も大きく変わる可能性があり、そのため2019年中に入試サンプルを公表するとしています。

以下、青山学院大学が公表した入試制度の変更点となります。

(※一部編集を加えています。正式な詳細は出典を確認してください。)

 

【各入学者選抜の基本方針】

① 一般選抜(個別学部日程)

■ 大学入学共通テストを「併用する」方式

(経済学部を除く、すべての学部がこの方式にて実施されます。)

大学入学共通テストと「独自の個別試験」を組み合わせます。

指定する大学入学共通テストの教科・科目の評価に加えて、「独自の個別試験」で

は、「記述式を含む総合的な問題」または、「記述式を含む個別科目問題」や「小論

文」を課して実施します。

なお、「記述式を含む総合的な問題」等のサンプル問題については、2019 年度前期

中に公表する予定です。

 

また、英語資格・検定試験は以下のとおりの扱いとします。

・総合点の一部に加点する学部

文学部(一部の学科を除く)、法学部、経営学部、総合文化政策学部(一部の方式

を除く)、社会情報学部、地球社会共生学部、コミュニティ人間科学部

・ 出願資格として利用する学部

国際政治経済学部(一部の学科・方式を除く)

・ 利用しない学部

教育人間科学部、理工学部

 

■大学入学共通テストを「併用しない」方式

(経済学部の他、文学部、理工学部の一部がこの方式にて実施されます。)

大学入学共通テストを利用せず、学部のアドミッションポリシーに応じた独自の試

験にて実施します。教科・科目等の詳細は、準備が整い次第、公表します。

 

② 一般選抜(全学部日程)

各学部・学科において指定する教科・科目では、「知識・技能」「思考力・判断力・

表現力」の評価に重点を置く本学独自の出題にて実施します。

「外国語(英語)」は、出題の中で「読む・書く」を測り、「話す」ために必要な十

分な語彙、理解度を備えているかを評価します。

 

③ 大学入学共通テスト利用入学者選抜

各学部・学科が指定する大学入学共通テストの教科・科目の成績を利用して評価し

ます。

教科・科目および、出題の範囲等については準備が整い次第、公表します。

「外国語(英語)」は、大学入学共通テストで実施される試験を課すとともに大学

入試センターが認定した全ての英語資格・検定試験を対象として、その結果を加点し

ます。

【主体性・多様性・協働性に関する経験の提出について】

入学者選抜の種別を問わず、出願システムを通して「主体性・多様性・協働性に関する経

験」等を入力することを出願時に求めます。ただし、得点化はいたしません。

提出されたものは、入学後の修学支援の一助とするとともに、今後の各学部・学科の教育

研究活動に活用します。

 

(出典:2021年度青山学院大学入学者選抜について

 

青山学院大学を志望される場合、受験生は大きな影響を受けることとなります。

まず、現行の入試制度との変更がないのが経済学部の全学科と全学部統一日程、文学部の一部のみとなります。

また、英語外部試験の利用がない学部は経済学部、全学部統一日程に加え、教育人間学部と理工学部のみとなります。

この他の学部学科については、共通テスト+英語外部試験+大学独自試験の合計点によって合否が判定されるようになります。

経済学部や全学部統一日程へは、英語外部試験のスコアを取る事の出来なかった受験生が集中することが予想され、受験環境が相当悪化することが予想されます。

ゆえに英語外部試験のスコアを全く持たず青山学院大学に合格する事は極めて難しくなるのではないでしょうか。

そのため、青山学院大学の受験に関しては英語の外部試験の受験はほぼ必須化したと考えるべきであり、青山学院大学を志望される方はスピーキング、ライティングの学習が新たに必要となると言って差し支えないでしょう。

また「大学入学共通テスト利用入学者選抜」が共通テストのみによる合否判定のため抜け道となると考えられた方もいらっしゃるかもしれませんが、2018年度のセンター試験利用枠のボーダーラインが3科目で84%~91%であったことを考えると、共通テスト自体では差があまりつかず、外部試験の成績によって合否が決まる状況になると考えられ、抜け道としての機能は期待しない方が良いでしょう。

青山学院大学は大きく英語ができる学生を集めることに舵を切ったと言えるかと思います。

今後も注意深く青山学院大学の入試情報についてはチェックし、各試験の得点割合や外部試験のスコア換算方法などを確認する必要があるでしょう。

 - 大学入試改革最新ニュース